お問い合わせあこちら


「介護の魅力」を語る

やりたい!という思いを全力で育てくれる

看護師 A.Nさん

私は京都にある大学で福祉を勉強していたのですが、地元が大阪ということもあって、大阪を中心に就職活動をしていました。その際に参加した就職フェアのブースで出会ったのが、「和悦会」です。こ こが他の施設と少し違っていたのは、ソーシャルワーカーの新卒採用を行っていたところです。私は ずっとソーシャルワーカーの仕事を極めてみたいと思っていたので、その取り組みに惹かれました。


看護師 A.Nさん

ただ、一般的には介護職を数年経験して、現場の動きをある程度把握できるようになってからソーシャルワーカーになるケースが多いかと思います。もちろん私も現場を知らない状態でソーシャルワー カーをやっていくことには不安もありました。でも、その時ブースにいらっしゃった採用担当さんが「ソーシャルワーカーと介護職員に求める力は根本的に違う。だったらわざわざ遠回りしないで、ソーシャルワーカーの仕事をやってみては?」と言ってくださったんです。私はその言葉に背中を押され、ここで一人前のソーシャルワーカーとしての経験を積んでいこうと心に決めました。


看護師 A.Nさん

皆さん、新卒の時からいきなりソーシャルワーカーとして入った人は、現場を知らないから大変なのではないか?と思いませんか? 実は和悦会では、入職してから3ヶ月間、ケアワーカーのみなさんと一緒に「フロア全体」「入浴」「排泄」の班に分かれて介護の現場を体験する現場研修の期間があるんです。ソーシャルワーカーとしての仕事でも、もちろんそういったケアに全く関わらないわけでは決してないので、私はその研修も自分ごととして丁寧に取り組むようにました。それにプラスして意 識していたのが、ソーシャルワーカーとして利用者さんやそのご家族、他の職員にどんなサポートができるか考えながら動くということです。


看護師 A.Nさん

最初はどんなサポートができるのかわからなくて、与えられた仕事を一生懸命するしかありませんでした。でも、研修を通して現場の雰囲気を理解できたことで、現場にいる人たちの目線を知ることができたんです。その経験は、ソーシャルワーカーとしてご 家族に説明させていただくようになった今も役に立っています。例えば、うちにある移乗用リフトの説明をする時は、実際に私もリフトを動かしたことがあるので、自分が体験した目線から利用者さんにわかりやすく説明することができました。ご家族とより良い関係を築く上では、いかに相手が求める情報を納得のいくかたちで届けられるかということが大切です。今後もアンテナを張りながら1つひとつの言葉に気を配れるように意識していきたいですね。


看護師 A.Nさん

ソーシャルワーカーは間接的に利用者さんと関わることが多い仕事です。直接利用者さんの介助をするというより、利用者さんやそのご家族の方、ケアワーカーの方、それぞれの立場からの意見を聞いて、どんな風にその利用者さんの生活を改善していったらいいかを考えて答えを出すのが、ソーシャルワーカーの仕事です。大変な仕事ですが、いろんな立場の人の意見を持ち寄って、ベストな方法を見出すことには大きなやりがいを感じています。例えば、ご自身の力でトイレに行くこと1つとってみても、本人の気持ちを尊重するのか、ケガをしてしまうかもしれないリスクをとるのか、そもそも本 人がそれを望んでいるのかなど、立場によっていろんな考え方や意見が飛び交います。


看護師 A.Nさん

その中から、何が本当に一番大事なのかを見極めるのが大変なんですよね。人と人とのまんなかで、その時に応じてベストな答えを導きだすのはすごく難しいことだと思います。でも、そこに向き合いつづけるからこそ多くの笑顔に出会うこともあるんです。そして、そのためには自分もまわりから信頼されるよう、常に努力を続けなければなければいけません。そのきっかけの1つとして日々の何気ないコミュニケーションを大切にしていきたいと思っています。


他のスタッフのインタビューも見る

介護の魅力を語る


大阪・奈良・天王寺からのアクセス抜群!
近鉄線・関西本線・京阪本線沿線の老人ホーム/ユニット型特別養護老人ホーム