お問い合わせあこちら


働く制度について

新人研修について

和悦会では、「新卒の教育」に最も力を入れています。というのは、変化の激しい昨今の介護業界において、これまでの常識にとらわれていない新卒者が力をつけ、育ち、新しい業界の形を作っていくことが最も重要だと考えているからです。
新卒者を入社3年目にして主任に抜擢するなど、本人の資質を見抜き、若手人材に対し適材適所で責任とポジションを与える風土が和悦会にはあります。だからこそ、個々人が各々の能力を考え、成長することができる。先輩が後輩をしっかり育てる気質を作ることで、組織全体が活性化する。それが、和悦会が最も理想的だと考えているスタイルです。

和悦会の研修制度の特徴

新人さんの一年

内定

内定後

毎月の内定者懇談会
和悦会に入る新人は、4年生の6月に内定が出る人から、12月に決まる人まで様々。どんな時期に採用試験を受けても同期の皆と仲良くなれるように、定期的に内定者懇談会があります。

内定


【ここがポイント!】

「和悦会の仕事をもっとよく知りたい!」「他の施設と比べる材料にしたい!」そんな声にこたえるために、和悦会では内定後の学生さんには、学業に支障のない範囲でアルバイトに入っていただける制度があります。もちろん、ここで「違うなー」と感じたら内定辞退するのもOKなので、和悦会のことをまだよくわからない、という学生さんは、ぜひ職場選びの参考にして下さいね。(※アルバイトは必須ではありません)


2月中旬~3月中旬

事前研修

2月中旬から3月中旬中旬までを2週間に分けて行います。集合研修1日+個別研修5日×2で実施。入社前に知っていただきたいことをあらかじめプログラムとして組むことで、入社後スムーズに本格的な研修に入るための準備を行います。
※高校生がいる年度の場合は、事前研修は3月スタートになります。

研修



2月中旬~3月中旬

4月入社 ~研修スタート

さあ、社会人としての第一歩を踏み出す辞令伝達式です。おめでとうございます!正式に和悦会の職員となった新人さん たちには、4月からの3ヶ月間、新人研修 を受けていただきます。最初の1週間は座学。その後は、各専門 の担当のもと2週間毎にローテーションを 組み、全ての新人が以下のようなことを 学んでもらいます。
・排泄
・入浴介助
・食事介助
・リフト
・言葉かけ
・業務連絡帳の使用法

研修スタート


【ここがポイント!】

専門的なスキルの求められることの多い介護の現場では、短期間で様々なことを覚えなくてはなりません。和悦会では、職員が効率的に、かつ集中してスキルを身につけられるよう、入浴、排泄、フロア等にサービスを明確に分担して働いて貰う"部門制"のスタイルをとっています。研修期間中は、これらの各班を2週間ごとにローテーションで経験することで、実務に必要なスキルの全てを身につけて貰っています。なので、これまで介護の仕事に就いたことがなかった!という方でも、安心して勤務に入ることができます。


2月中旬~3月中旬

実務開始!

いよいよ実際のお仕事を開始!ですが、不安なこともまだまだいっぱい。新人1人につき熟練の先輩が1人、教育係としてこの後1年間は指導をします。知識や技術、判断力をしっかりと身に着けていってもらえるよう、全力でサポートする体制を整えています。

内定


【ここがポイント!】

羽曳野・加美北・浜では、それぞれ、1人の先輩が4~5人の新人教育を行う制度があります。普段の業務の指摘や補助はもちろんのこと、時には新人のメンタル面にも気を配ります。又、今後は3ヶ月を目安に、配属先の仕事の熟練度を高めていってもらいます。実務開始3ヶ月後の9月には、新人向けの大きな研修もございますので、積極的に参加してくださいね!


2月中旬~3月中旬

後輩たちが入職!

実務を開始してから1年間が経ちました。今まで身に付けたスキルを活かして後輩たちの指導ができるよう、がんばってください!



新人の声

ケアワーカー N.N

鹿児島出身の私が関西で働きたいと思ったのは、すでに実家を離れて関西に住んでいた兄たちの影響です。高校卒業後は宮崎県にある福祉の専門学校に通っていたんですけど…続きを読む インタビューを見る

ソーシャルワーカー E.H

ソーシャルワーカーの魅力は、他職種との連携で人の人生を支えるという部分にあると思います。人の人生をお預かりするお仕事に「入ったばかりだから」とか「わからないから」…続きを読む インタビューを見る


募集について


大阪・奈良・天王寺からのアクセス抜群!
近鉄線・関西本線・京阪本線沿線の老人ホーム/ユニット型特別養護老人ホーム