加美北日誌

2017.02.04
風邪にご用心!

「きんかん〇〇飴」ならぬ「金柑ジャム」 

みなさん、こんにちは☆

1月~3月が旬の金柑は江戸時代以降に中国から薬用として渡来しました。

疲労回復・風邪予防の効果があるビタミンCやビタミンA、骨を丈夫にするカルシウムが多く含まれ、まさに今の季節にピッタリ!

CMでお馴染みの「きんかん〇〇飴」のように古くは咳止め等として用いられていました。

こんなに小さな実に優れた効能がたくさん(><)皮ごと食べることがおすすめです。とはいえ、苦味もあるため丸かじりはちょっと食べにくい・・・。

そこで『金柑ジャム』を作ってみました☆

材料(2カップ弱)

金柑 大15個

砂糖 80g

①金柑はへたをとりながら洗い、たっぷりの水とともに鍋に入れて火をかける

②煮立ってしだらくして皮が破けてきたら掬い上げて水に入れて洗い、ざるに上げる

③皮から中身を取り出し皮をみじん切りに。実も種を押し出したらおなじくみじん切りにする

④金柑と砂糖を鍋に入れて煮る(水分は少なめ)

⑤煮立ったら焦がさないようにとろ火にしてかき混ぜる

完成したジャムをゼリーにのせて

『いただきま~す』

 

とってもおいしくできました!!

みなさんもぜひ、作ってみてくださいネ♪

 

< 前へ 次へ >

一覧へ戻る