羽曳野日誌

2021.09.20
☆敬老の日☆

9月20日は敬老の日。

ご入居者・ご利用者の皆さまが穏やかにこの日を迎えられたこと、心よりお慶び申し上げます。

また、皆様の更なるご長寿を願い、コロナ禍で制限のある中、せいいっぱいのお祝いをさせて頂きましたので、その一部をご紹介します。

まずは1Fエントランス。

入ってすぐのところに、職員がパソコンで手作りした横断幕を飾らせていただきました。

随所に職員手作りの折り鶴や装飾がほどこされ、施設全体がお祝いムードに包まれました♪
ユニットのカウンターで、こんなかわいい手書きイラストも発見しましたよ!

俊英館保育園の園児さんからいただいた手紙も、皆様に見て頂けるように飾らせていただきました。

園児さんの心のこもった温かい言葉に、ほっこり癒されます。

昼食は祝い膳です。

~献立~

お赤飯、鯛の塩焼き、天ぷら盛り合わせ、五目しんじょの炊き合わせ、紅白なます、すまし汁、洋ナシとイチゴのムース

 

「美味しい!」のお言葉をたくさんいただきました☆

 

おやつは、管理栄養士が手作り!

何を作っているのでしょうか…

何かをくりぬいているような・・・?
一つ一つ丁寧にくりぬいた、小さな紅葉とイチョウが彩りよく並べられていきます。

型を外して切っていくと…

できあがったのは、鮮やかな錦玉羹!

秋らしさが漂う上品な一品になりました。

金箔をかけて、ご入居様のもとへ。

職員手書きの、お1人お1人へのお祝いメッセージを添えて・・・

   

なかなか落ち着かない世の中ですが、穏やかな暮らしを続けていけるように、今後も職員一同せいいっぱい努めてまいります。

ご入居者・ご利用者の皆さま、このたびは本当に

おめでとうございます!

 

 

< 前へ 次へ >

一覧へ戻る