羽曳野日誌

2020.09.21
敬老会

 

朝晩めっきり涼しくなり、過ごしやすくなってきましたね。

9月21日は敬老の日。

例年は、ご家族様や区長はじめ地域の役員の方々をお招きし、1Fデイルームにて式典を行っていましたが、今年は感染症対策のため、異なる形式で、ささやかながらご長寿のお祝いをさせていただきました。

ユニットごとに飾りつけ。

食堂が一気に華やかな雰囲気に♪

お祝いの昼膳を準備する傍ら、施設長がご挨拶に伺いました。

敬老の日の昼食(お祝い膳)

赤飯
鯛の塩焼き
天ぷらの盛り合わせ
五目しんじょうの炊き合わせ
紅白なます
お吸い物
洋梨と苺のムース

 

美味しかったと大好評の昼食後、機能訓練士が各ユニットを回って、皿回しと傘回しを披露!

「おめでとうございます~~!」歓声が上がって大盛り上がり☆


おやつは、ユニットの台所で管理栄養士が手作り。

    

作っている最中から、台所を覗き込んで「すごいわね~」と目を輝かせていらっしゃる入居者様も。

おやつにご提供した、管理栄養士手作りの菊花の練り切り。金粉もかかって、とっても綺麗!

一皿一皿に添えた鶴は、職員が心を込めて折りました♪

 

 

最後に、入居者様に職員からの手紙をお渡ししました。

お手紙を読み上げている最中に嬉し涙を流してくださる方もいらっしゃり、こちらも胸が熱くなりました。

改めて、皆様がお変わりなく今日この日を迎えられたことをお祝い申し上げるとともに、これからも健やかにお過ごしいただけますよう、職員一同心を込めて精一杯サポートいたします!

 

 

< 前へ 次へ >

一覧へ戻る