羽曳野日誌

2019.11.03
福祉機器展

 

 

2019.11.3(日)

 今年も「福祉機器展&健康フェスタ」が浜特養で行われました。

 

 『地域貢献をもっと行いたい!』という施設の希望と、

 『もっと安全に車椅子の試乗ができ、より良い福祉機器展を行いたい!』という、

 地域の方々の思いが合わさり、第二回目が開催されました。

 

 焼野地域活動協議会さんが主催で鶴見区社会福祉協議会さん共催の行事です。

 

 

爽やかな天気の中、来場者をお待ちしてます。

 

午前10時、地域の方々が続々と集まってくださいました。

 

順番に受付を済ませて会場に入っていただきます。

皆さん、ご自身の気になるブースに向かって進まれます。

 

骨密度の測定です。

皆さん、ご自身の骨密度の結果がどうだったのか、ドキドキされています。

 

 

 

血管年齢の測定と握力測定です。

握力測定では皆さん、目一杯の力を出しておられました。

この写真を見ても、力強さがひしひしと感じれますよね!

 

 

「健康講座」です。

講師は、浜特養が誇る管理栄養士さん達です。

「血管を丈夫にするお食事について」と「骨密度と食事のお話」について

皆さん真剣に聞いておられました。

『塩分を体内から追い出す食材について』や、

『牛乳は温めるとカルシウムの量や吸収率は変わるのか』等、

〇×クイズも、大盛り上がりでした。

 

 

外では、いろんな電動車いすの体験試乗ができます。

ハンドルを切るとその場で自転ができ、小回りがとてもしやすくなっています。

速度も自分で調整できるので、安心して運転できます。

 

 

無料のコーヒーが用意されていて、皆さん楽しく

お話しをされていました。

 

時間が経つのはあっという間ですね。

焼野地域活動協議会さんと鶴見区社会福祉協議会さんの

『地域の為に』という思いには、本当に頭が下がる思いでいっぱいです。

浜特養のスタッフにとっても勉強になりました。

 

 ご来場くださった皆さん、ありがとうございました。

また、来年もよろしくお願いします。

 

 

 

< 前へ 次へ >

一覧へ戻る