羽曳野日誌

2018.12.31
行く年来る年♪

皆さま、こんにちは!

クリスマスが終わったと思いきや、もう大晦日ですね☆

新しい年を迎えるご準備はお済みでしょうか?

 

さて、今回は浜特養のお正月準備の様子をお伝えしたいと思います!

 

まずは、正面玄関から!

浜特養の修繕担当が一から手作りした立派な門松がお客様をお迎えします♪

年神様が迷うことなくその場所にいらっしゃるよう、目印となるのが門松の由来だそうです

 

 

 

 

   

 

 

 

 

さて、正面玄関を進むと・・・

 

 

 

 

 

 

 

縁起の良い、たくさんの凧がお出迎えです♪

 

受付では、鏡餅と盆栽を飾っております!

鏡餅は年神様をお迎えするためのお供物とされており、

鏡餅の丸い形は「円満」・二つ重ねるとことで「かさねがさね」

つまり、「円満に年を重ねる」という意味になるそうです♪

 

 

   

 

 

さて、ユニットへあがると、いたるところにお正月飾りを飾っております!

各階異なった雰囲気でそれぞれの特色があり、とても素敵です♪

 

 

 

 

 

   

 

 

さて、最後はデイサービスです!

鏡餅の周りには、ご利用者様が作られた折鶴や軍手で作られた軍手人形が!!

どれも素敵な作品ばかりです☆

デイルームには、これまたたくさんの凧が飾られていますよ♪

 

 

   

 

 

本年も大変お世話になりました

来年もより努めて参りたいと思っております

皆さま、良いお年をお迎え下さいませ☆

 

 

 
   

 

 

 

< 前へ 次へ >

一覧へ戻る