羽曳野日誌

2018.04.13
ぽかぽかと暖かい春の日の午後に・・・

浜特養は鶴見緑地公園に隣接しており、桜の季節になると入居者の目を楽しませてくれます

 

入居者様とともに散歩気分で外出したところ

普段とは違う面持ちで、空を見上げて話してくださいました

入居者様の目を通してみてきた景色を、人生を長く歩んでこられた方の言葉で

 

 

造幣局の桜の通り抜けと同じように、見上げると桜(ソメイヨシノ)がトンネルのようであったり

また桜が散った後は絨毯のようであったりと、時期によってさまざまな顔をみせて迎えてくれます

 

ご案内した入居者様は皆様は「きれいやな、ありがとう」と仰いますが

一職員として同じ時間を過ごすことができてたことをとてもうれしく思います

 

 

 

< 前へ 次へ >

一覧へ戻る