羽曳野日誌

2017.06.09
風月さんの訪問♪♪

毎年恒例の「鶴橋風月」さんが、お店さながらの厚い鉄板や材料などを持ち込んで訪問に来て下さいました

入居者様とデイサービス利用者様の目の前で、香ばしい匂いとともに焼いて下さいます

 

皆さま、お好み焼きから召し上がる方が多く

「美味しいわ」 「やっぱりお店の人が焼くと違う」 「いい匂い」

と喜ばれる声が聞こえます

 

 

普段、食が細い方もぺロリと召し上がられます

 

 

風月の皆さま、今年もありがとうございました

来年も心待ちしております

 

< 前へ 次へ >

一覧へ戻る