羽曳野日誌

2017.03.10
遅まきながらの”桃の節句”報告。

 三月三日(金)は、桃の節句です。もちろんホームでもお雛様をかざりつけています。

こんな感じです。

(ちなみに2月10日頃に飾り付けて、3月5日には、しまいました)

 

 

浜特養の入居者様の生活スペースは、5階に分かれていますが、

各階にお雛様が飾られています。

 

 

平成19年の4月にホームがオープンした翌年のお雛祭りの時に

当時の入居者様のご家族や職員に寄贈していただいたひな人形です。

 

 

それから、約10年、毎年大事に使わせていただいています。

ありがとうございます。

 

 みなさん、ご存知ですか?

 

お雛祭り、または、「桃の節句」とも言いますが、1年の節句のうち、2番目の節句です。

最初の節句は、一月七日の「七草の節句」、七草がゆを食べる日です。

桃の節句の次が、五月五日の「端午の節句」。こどもの日です。

7月7日が七夕。最後が九月九日の「菊の節句」。

これは、重陽(ちょうよう)と言った方が、分かるかも。

 

そこで、クイズです。今年の五月五日と七月七日は、同じ曜日です。

さて何曜日でしょうか?ヒントは、文章の中にあります。・・・・

 

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

 

 答えは、金曜日です。冒頭の三月三日に(金)をつけてたのがヒントでした。

新暦(太陽暦)では、桃の節句と端午の節句、七夕は、必ず同じ曜日になるのだそうです。

うるう年でも、同じ曜日です。う~~~ん、何か不思議ですね。

 

 

 

 

 

 

< 前へ 次へ >

一覧へ戻る