羽曳野日誌

2015.12.08
快適でエコな施設を目指して

 皆様、こんにちは、

 いつもは生き生きと生活されておりますご入居の皆様や、デイサービスご利用の皆様の様子をご報告いたしておりますが、今日はこの12月3日~始まりました空調機整備工事をご紹介させていただきます。

 

 おかげさまで当施設も来春で丸9年になります。

 今回、10年目を迎えるこの機に空調機器の点検・整備・部品交換・洗浄をダイキン工業株式会社さんにお願いしました。

 

 当施設には皆様のお部屋にある家庭用ルームエアコンのタイプから、廊下などの共用部分の務用空調機まで合わせると約200台ございます。今回はこれに加えそれにつながる室外機ともども、点検洗浄整備をしていきます。


 

 

 写真はユニット食堂部分、周りが汚れないようにビニールシートで保護してから

どんどん部品を外していかれます。この時間の早いこと‼

 専門の職人さんですから当然といえば当然、なのですが手際の良さはさすがです。

 

 外の駐車場では、外した部品の洗浄。日頃から感染防止やエコの為、清掃については介護職ではなく、プロの清掃業者にお願いし、フロアの清掃同様、エアコンのフィルターなどの清掃もお願いしておりますが、分解、洗浄すると結構汚れが・・・。

 乾燥の後、古くなった部品を交換し組み立て、元の機材に戻して完了です。

 来週14日~23日の期間は、ご入居者様の各お部屋をさせていただきます。

ご迷惑おかけいたしますがよろしくお願いいたします。

 

 10年に向けエコで、安全、快適に過ごしていただける施設を目指してまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

< 前へ 次へ >

一覧へ戻る