羽曳野日誌

2013.06.23T.T
◆羽特相撲6月場所◆

平成25年6月23日(日)月に一度の誕生日会が行われ、出し物として、大好評「羽特相撲」が行われましたので御紹介します。

土俵入り

まずは大関の土俵入りです。今場所は大関に対しても期待度が高く、皆様大声援を送ってくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては、横綱の土俵入りです。横綱だけに会場の空気は一転。緊張した雰囲気の中での土俵入りでした。「よいしょ~!!!よいしょ~!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

入所者様から力水を頂き、いざ土俵へ!

 

 

 

 

 

 

 

 

両力士の紹介のあと塩を巻き、睨み合いが始まります。会場も緊張に包まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両力士の闘志がぶつかり合い、こんなシーンも…

会場は大歓声に包まれ、制限時間いっぱいです!!!放送席も気合が入ります!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

はっけよ~い!!! のこったぁ!!!

ズシンっ!!!っという鈍い音と同時に両力士の体と体がぶつかり合います!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

今場所は両者粘りの相撲を見せ、3分間を超える激戦の末、横綱が右の上手投げで意地の白星!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

終盤土俵際で粘りの相撲を見せた大関にも会場から大きな声援が送られていました。

 

表彰式

羽特相撲6月場所!優勝おめでとう!

「今回は本当に苦しい場面の多い取り組みとなりましたが、皆様の声援が背中を後押ししてくださいました。ありがとうございました。これからも羽特相撲をよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわりに…

今場所の取り組みに関しても、よりリアルに楽しんでいただくために、勝敗に関する打ち合わせは一切行わず、真剣勝負をお楽しみいただいております。ただ安全面への配慮を怠らず、事前の稽古は十分に行った上でお楽しみいただいております。

 

 

< 前へ 次へ >

一覧へ戻る