羽曳野日誌

2013.02.24T.T
●羽特相撲二月場所●

平成25年2月24日(日)当ホームにて毎月行われている誕生日会の出し物として「羽特相撲二月場所」が行われましたので御紹介致します。

土俵入り

両力士土俵入りでございます。はじめに大関の土俵入りでございます。

続いて横綱土俵入りでございます。会場からは大関、横綱に対して大きな声援が送られ、四股を踏む際には「よいしょ!」と大きな掛け声が両力士に送られ、会場の空気は緊張感に包まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

にらみ合い

両力士紹介の後、にらみ合いです。会場からの両者への声援は鳴り止まず、両者の表情もいっそう引き締まっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

こんなシーンも…

両力士の気迫と気迫がぶつかり合います。会場のボルテージは最高潮に!

いよいよ制限時間いっぱい!

 

 

 

 

 

 

 

立ち合い

「はっけよ~い!のこった!」行司の威勢の良い声と同時に「ドスン!」という鈍い音が会場に鳴り響きます。会場からも歓声と悲鳴が…

 

 

 

 

 

 

 

 

のこったこのった!

大関も何度も投げ技を仕掛けますが、さずがに横綱も倒れません。横綱が上手をがっぷり!

これでは大関も身動きをとれません。

 

 

 

 

 

 

 

横綱の一瞬のスキを逃さず、大関は足を取りに行きます。これでは横綱もたまりません。

今場所は大関の番狂わせか!

っと思った瞬間横綱が大関の油断を見逃さずに大逆転の「だきわかれ」で僅差の白星!

さすが、横綱!最後の最後でひっくり返しました。

 

 

 

 

 

 

 

表彰式

見事な白星で今場所も優勝を果たした横綱に一言!

「今場所も非常に厳しい取り組みとなりましたが、皆様の声援のおかげで勝つことができました。

大関も毎回取り組みをこなすごとに強くなってきているので、これからも稽古に励んでいき、最強と呼ばれる横綱を目指して頑張りますので、応援よろしくお願い致します。」

 

 

 

 

 

 

 

記念撮影

最後は皆様と一緒に記念撮影です。いつも暖かいご声援本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

おわりに…

今回の取り組みに関してましても、相撲の取り組みをよりリアルに楽しんでいただくため、勝敗に関する打ち合わせなどは一切行わず、あくまで真剣勝負で入所者の皆様にお楽しみいただいております。

また取り組み中に事故や怪我防止のために、日頃から稽古を欠かさず、安全に取り組みが行えるようトレーニングをした上でお楽しみいただいております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

< 前へ 次へ >

一覧へ戻る