羽曳野日誌

2021.10.25
デイサービス通信10月号「ハッピーハロウィン」

早いもので、今年もあと2か月あまりになりました。

10月半ばに気温が下がり、暑い夏から一気に冬へと

移り変わった感じがします。

 

さて、当施設のデイルームからサルスベリの樹を

見ることが出来ます。

サルスベリは7月から10月の長い期間、花を咲かせる

事から、百日紅<ヒャクジツコウ>とも呼ばれるそうです。

 

長い間、私たちを楽しませてくれました。

 

10月に入り、中庭の花壇の花を植え替えました。

キバナコスモスというコスモスの仲間だそうです。

そこへ、珍しいお客さんが来られました。

ご利用者の方が「いやぁ、蝶々みたいなんが来てるで」と

教えて下さり、見ると「ハチドリ」が蜜を求め花の周りを

飛んでいるではありませんか!

おもわずカメラを向けました。

 

ご利用者様同士で「珍しいね、初めて見たわ」と喜びを分かち合いました。

毎週火曜日・木曜日に開催しています手芸レクでは、

カボチャのお化けを模した籠製作を行いました。

皆さんの力作はいかがでしょうか。

作る方のよって色々な表情になり

いい作品になったかと思います。

 

 

   

日が暮れるのが早くなりましたね。

これから、更に冷え込む日を迎えることになりますが

来ていただけるご利用者様を暖かくお迎えできるように

頑張っていきます。

 

 

< 前へ 次へ >

一覧へ戻る